乳酸菌革命 成分 副作用 アレルギー

副作用は?乳酸菌革命の成分はこちら

乳酸菌革命にどんなものが含まれているか、一つ一つ調べてみました。

 

この中のグルタチオン含有酵母エキスコーンスターチHMPCサプリメントのカプセルとしての素材です。こららの素材が、胃酸や胆汁からサプリの中身である乳酸菌を保護する役割を果たしています。

 

乳酸菌

成分

乳酸菌生産物粉末、難消化デキストリン、イソマルトオリゴ糖、酵母エキス(グルタチオン含有)、有胞子乳酸菌、結晶セルロース、ステリアン酸Ca、微粒二酸化ケイ素、リン酸三Ca、ゼラチン

 

なお、1粒辺りの重量は330mgと若干大きめで、内容量は62粒、つまり30日分じゃなくて31日分がしっかりと入っているんですね。

9種類+2種類の乳酸菌サプリ

6つのラクトバチルス属の乳酸菌

乳酸菌革命にたくさん含まれている「ラクトバチルス〜」という乳酸菌は、生物用語だと「ラクトバチルス」になるそうです。乳酸菌革命に含まれているものは下の6つで、免疫力を高める作用を持っています。

  • ラクトバチルス・アシドフィルス…口臭予防、胃炎・胃潰瘍予防
  • ラクトバチルス・ガッセリー…胃潰瘍の原因であるピロリ菌を減少
  • ラクトバチルス・ブレビス…耐酸性が高く、善玉菌を増やす
  • ラクトバチルス・ヘルベティカス…記憶能力向上、疲労・ストレスの軽減
  • ラクトバチルス・カゼイ…あのヤクルトの乳酸菌。悪玉菌を減少させ善玉菌を増やす
  • ラクトバチルス・ブルガリクスR-21と呼ばれ、白血球増加を促進させる

特に一番下のR-21は、『摂り続けていれば感染症になる確率を下げることができる』と言われてるとてもスゴイ菌でした。

一般に乳酸菌と言えばラクトバチルス属の乳酸菌を指すと言います。比較的酸に強く、酸素のない腸でも繁殖できるため、古くから人体で活躍してきたんですね。

 

ビフィズス菌

ビフィズス菌は乳酸菌の一つで、ラクトバチルス属の乳酸菌とは腸内で住んでいる場所も数も違います。

腸内で悪玉菌の活動を制えて腸内環境を整えたり、アレルギー物質の侵入を防ぎ、花粉症などの症状を緩和する働きがあると言われています。

 

ラブレ菌

胃酸にも強く、生きて腸まで届き、京都のすぐき漬けから発見された日本発の乳酸菌です。

他の乳酸菌と同様に便通を良くし、悪玉菌の増殖を抑えたりする他、NK細胞(ナチュラルキラー細胞)を活性化して感染症やがんを防いだり、コレステロールの吸収をブロックする作用もあると言われています。

 

ガセリ菌

有名ではないですが、ビフィズス菌と並びぶ善玉菌の代表格です。悪玉菌を抑え、腸内環境を整える働きがありまです。

免疫力を高める効果だけでなく、ダイエット効果もある事が臨床試験で確認されています。この乳酸菌も酸素の有無にかかわらず育ってくれます。

 

有胞子性乳酸菌

公式サイトを見ると別の扱いをされていますが、これも乳酸菌の一種で、乾燥に強く、胃酸や胆汁で分解されずに腸まで届く強い乳酸菌です。

普通の乳酸菌と違い、殻のようなもので覆われているのがこの乳酸菌の特徴です。

 

乳酸菌(EC-12)

コレって実は生きた菌ではなく、死んでしまった菌・『殺菌菌体』なんです。

死んだ菌では効果がないのではと思われるかもしれませんが、この乳酸菌は死して尚効果を発揮する事がわかっています。また、他の乳酸菌と比べるととても小さいため、隅々まで行きわたり、腸内環境改善、免疫力向上に高い効果を発揮します

効果的な素材をピックアップした食物繊維

食物繊維は、多数の種類がありますが、大きく分けると水に溶ける「水溶性食物繊維」と、水に溶けない「不溶性食物繊維」に分ける事が出来ます。乳酸菌革命に含まれている食物繊維はどちらも水溶性で、粘性がある食物繊維が配合されっています。

 

食物繊維の代表格!イヌリン

ゴボウやニラに蓄えられている食物繊維です。人間はイヌリンを分解する酵素を持っていないため、イヌリンを含む食材を摂取してもほとんど吸収されずに体外へ排出されます。腸内では糖質・中性脂肪が吸収されるのを抑制し、脂質の蓄積を妨げるという高いダイエット効果を持っています。

 

トクホ認定済!難消化デキストリン

読んで字のごとく「消化しにくいデキストリン(炭水化物)」というわけです。が、コレが唯モノではありません。トウモロコシから作られる食物繊維ではあるのですが、1日の摂取量に上限がなく、あの「トクホ」の許可実績があります。

 

整腸血糖値の上昇抑制、中性脂肪の上昇抑制など、それぞれの作用が国から認められていて、消費者庁より特定保健用食品として認定されています。

ビフィズス菌を育てるガラクトオリゴ糖

ガラクトオリゴ糖は、母乳に含まれている成分です。動物性のオリゴ糖はこれだけだと言われ、胃酸に分解されることなく大腸までそのまま届き、弱ったビフィズス菌を元気にする働きがあると言われています。

乳酸菌革命の成分、アレルギー、副作用は?安全性は?

砂糖の代用としても利用されるこの成分は、低カロリーで血糖値を上昇させず、虫歯の予防にも効果があります。

アレルギーは?

特に記載もないのでアレルギー持ちの方でも大丈夫なのかメーカーに問い合わせてみたところ、翌日回答がありました。

乳酸菌革命の成分、アレルギー、副作用は?安全性は?

調べてみると何度かバージョンアップを繰り返しているこの商品は、少し前まで「乳」を使用していたようです。今は乳は使用していませんが大豆を使用しており、パッケージにはその旨は記載ありませんが、大豆アレルギーの方にはおススメできないと言う事でした。(2017年9月時点)

 

また、ネットをいくら調べても副作用と言えるようなものも見られず、大豆アレルギーさえなければ、容量を守っている限り、乳酸菌革命は非常に安全性の高いサプリメントだと言う事がわかります。

 

 

ですが、乳酸菌革命も、毎日の摂取量だけには注意をすべきです。便秘をいくら少しでも早く改善したいからと言って過剰摂取してしまうと、今度は下痢の副作用が起きてしまう可能性があります。どういうことかというと、腸内の活動が活発になりすぎてしまうんですね。

 

また、副作用というわけではなく、腸内フローラが好転した結果として一時的に下痢の症状が現れる場合があります。これは副作用ではなく、腸内環境の改善による結果なので気にせずとも大丈夫です。そういったことは、飲み始めに起こりやすいです。
でも落ち着いてください。適切な摂取量を守って飲み続けていれば、すぐに腸内環境も落ち着き、下痢も治まります。

 

ですが、中には、便秘のためではなく、下痢を治すために乳酸菌革命を飲用している方もいます
腸内環境がしっかりと整えば便通の間隔やその便の固さも落ち着いてくるんです。

 

しかし、下痢の原因は腸内の環境の悪さだけじゃないんですね。原因としてはストレス疲労、そして細菌ウイルスが下痢の原因だったという事もあります。可能性としてですが、逆に悪化させてしまう可能性もあるため、服用の前に一度医師に相談した方が良いでしょう。

乳酸菌革命の成分まとめ

乳酸菌革命は、以下のものを胃酸に強いカプセルに複合することで、生きたまま腸に送り込み善玉菌を増やし、腸内状態を改善することで免疫力を高める構造システムが高いレベルで完成されています。

  • 古来より人間に馴染みある6種類のラクトバチルス乳酸菌
  • 新しい善玉菌のビフィズス菌・ラブレ菌・ガセリ菌
  • 耐熱・耐酸性の高い有胞子乳酸菌と生きずとも整腸効果を発揮するEC-12株
  • イヌリン・難消化デキストリンのダブル水溶性食物繊維
  • 乳酸菌のエサとなる動物性のガラクトオリゴ糖

乳酸菌革命の成分、アレルギー、副作用は?安全性は?

安全なサプリですが、大豆アレルギーのある方だけは使用は控えて下さい。

 

乳酸菌革命の成分、アレルギー、副作用は?安全性は?

 

乳酸菌革命の成分、アレルギー、副作用は?安全性は?乳酸菌革命に期待できる効果
⇒乳酸菌革命は便秘だけじゃなく肌荒れにも効果があります。
乳酸菌革命の成分、アレルギー、副作用は?安全性は?乳酸菌革命の成分
⇒大豆アレルギーの方はご注意!副作用などもないのか徹底調査しました。
乳酸菌革命の成分、アレルギー、副作用は?安全性は?乳酸菌革命の口コミは?飲み方は?
⇒良い口コミ悪い口コミ集めて理由を調査しました。飲み方も要チェックです。
乳酸菌革命の成分、アレルギー、副作用は?安全性は?乳酸菌革命の最安値購入法
⇒最安値で購入できる公式サイトでの購入方法を掲載しています。
乳酸菌革命の成分、アレルギー、副作用は?安全性は?乳酸菌革命の解約・返金法
⇒やり方は簡単!解約の申し込み方法、返金もできるのか調査しました。

 

乳酸菌革命の成分、アレルギー、副作用は?安全性は?トップページへ